自分で浮気調査をするのは危険!GPSで車を追跡するデメリットとは?

自分で浮気調査するのは難しい

浮気現場の写真を撮ろうとして、自分で調査するのはデメリットの方が多いのでやめた方がいいです。

 

尾行自体は、GPSで追跡することができますが、尾行する技術は難しく1人ではなく最低2人は必要です。

友人に相談し協力して、GPS追跡に成功したって話をネットでも見かけますが、素人では追跡も撮影も難しく失敗することも・・・

しかも浮気現場を目撃する事自体精神的ショックも大きいのでおすすめできません。

 

浮気の証拠を取るなら、探偵事務所に相談する方がより確実です。

浮気する日が分かっているなら、料金も安くなるので一度相談してみるといいです。

失敗すれば、警戒され証拠が掴みにくくなる

浮気調査がバレて、相手に警戒される事も

自分で調査して、失敗すると警戒されて証拠が掴みにくくなる事があります。

 

自分が疑われていると思えば、証拠隠しを徹底してくる可能性が高いです。

疑われた事に逆上して、逆に離婚してくれと言われる事も・・・

 

浮気の証拠が揃わないうちに離婚となると、慰謝料をとれない事もあるので失敗する前に、探偵に依頼し証拠を取ってもらうほうがいいです。

GPSでの追跡で事故を起こす事も

GPSでの車の追跡は、意外と難しくGPSで居場所を把握する係と車を運転する係が必要です。

友人に相談して、協力してもらう必要もあるので相談しにくいという人にもハードルが高いです。

 

見失ってしまった場合、気が焦っているので、交通事故を起こしてしまう事もあります。

特に運転技術の低い女性には、車での尾行、追跡は難しいです。

浮気現場の撮影には技術が必要

浮気現場の撮影には、ビデオカメラを使うのですが、これがまた難しいです。

撮影しているのがバレない様に撮らなければならないですし、ラブホテルの名前、入って行くところと、出てきたところを1セットで撮影する必要があります。

 

シティホテルの場合は、同じ部屋に入って行くところを撮影する必要があり、さらに難易度が高いです。

浮気現場を冷静に撮影する事も必要なので、自分で浮気調査する事はおすすめできません。

 

費用は必要ですが、探偵に依頼する方が、確実に証拠を取ってくれます。

探偵事務所に依頼するなら、実績もある原一探偵事務所が評判もよく無料で電話相談する事もできますよ。